値切り交渉テクニックその1

私が、中古の軽自動車から新車の普通車に乗り換えた時の話しです。
初めての新車購入のため、どうすれば少しでも安く買えるのか無知な私は、インターネットや雑誌を見て、万全に交渉の勉強をしてディーラーに行きました。
まず、本命の車ではない、違う車種のディーラーに行き、見積もりを出してもらいました。
これはいけませんよ
交渉のための有名な方法ですが、競合させる狙いです。
その後、その見積もりを持って本命の車のあるディーラーに行きました。
交渉開始です!私は、元々勤め先では、交渉ごとを一任されていたので、実際には、交渉を得意としていました。

綺麗な女性いつもと同じ感覚で、交渉に臨みました。
出てきたディーラーの営業の方はお若い方でした。
勉強した通りにスムーズに交渉を進めます。

すると、その途中で営業の方が「少し失礼します」と席を外しました。
戻ってきたと思ったら今度は、ディーラーのお偉い方に変わられていました。
その方は「すみませんが、ちょっと若いのには、お客様のお相手は少々シビアですので、私が交代いたします。」私は、まさかのメンバーチェンジにびっくり!。
まあ、その方が話しが早いとも感じましたが。
その後、交渉を続けると、営業の方は、渋い顔で「お客様は何か、交渉のお仕事をされていらっしゃるのですか?」と質問されました。

私は、「少しだけやってます」とだけ告げると、「もう、その価格でやらせて頂きます。
この車でこの値引きは初めてですが」とオッケーしてもらえました。
後から考えると実際、嫌なお客なんだろうなと自分でも少し反省しました。
車買取仙台で人気のディーラーが口コミを披露